永井涼子

永井 涼子 司法書士・行政書士
nagai

雑感:司法書士試験の勉強

【自己紹介】

司法書士・行政書士の永井涼子です。

これまでの事業経験は、人と関わる職務、教育しフォローする職務が多く、どちらかといえば、サポート・裏方的な役割を好んで選んできたようです。

士業の仕事にも通じるものが多いと感じていて、依頼者の方の表舞台をサポート支援し、時には参謀としてビジョンや人生をデザインし、具体的な提案や調整をしながら、今よりもほんの少しの安心や幸せをご提供できたら良いなと常々思っています。

 

【やりたいこと】

士業にありがちな法律判断に偏ってしまわないよう、常に依頼者の方の目線を念頭におきながら丁寧な対応を心がけたいと思っています。不動産や会社関係に限らず、後見などの社会福祉分野も含め、依頼者の方の節目節目に合わせて長いお付き合いができるようにしていけたらと思っています。

 

【きっかけ】
受験時代に事務所のスタッフとしてお世話になった縁で、
今後について相談した際、誘ってもらったのがきっかけです。独立することは視野に入れていましたが、開業準備そのコスト、実務経験の幅などで躊躇していたので、まさに渡りに船。

 

【パートナーとして】
お互いが受任した案件については、相互に知恵を出し合ってやっています。

目指す司法書士像、価値観はそれぞれなので、視野がぐっと広がり、知恵がぐぐっと広がり、「1+1=∞」なんだなぁと体感中です。

この業界の性質上、日々新たなことが舞い込んできますし、経験値は大きな武器になります。ときには瞬時の判断に迷うこともあります。ですので、すぐ隣にパートナーがいることは非常に心強く、依頼者の方に複数のメニューを提示できることもプラスになっています。

また、マンパワーやスピード感が要求されるときは、チームとして動くことができるので、効率がUPしますし、機会の逸失を避けることができると思っています。

普段はゆるーい感じで自由にやってますが、議論するときは熱くなったりもします。

狎れあいではなく、補完し合える関係で、お互いに相乗効果を期待できる人、お待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。